「宮本常一が撮った昭和の情景」上下巻

民族のかけらを探してぶらり歩きをしているうちに
たまたま見つけた「宮本常一が撮った昭和の情景」上下2冊。
宮本氏は昭和56年に亡くなられた民俗学者ですが
存命中、とりあえず学生でしたが知りませんでした。
遊んでばかりだったから・・・。(汗)

上巻を広げてすぐ、
小学生の頃に大きな休みだけを過ごした
山間の父の赴任地の写真が掲載されていました。
川原で遊ぶいがぐり頭の男の子、おかっぱ頭の女の子が笑顔いっぱいに集まっています。
それから5、6年後、管理人もその町を歩きました。
ひょっとしたら、写真に写っている子供たちとすれ違っていたかもしれない、
そんなことを思いながら1枚1枚めくっていくとどの写真も身近に感じられました。
管理人の脳裏に小さい頃見た昭和の情景がくっきり浮かびあがってきました。
b0082747_1602328.jpg


↑だけでは読み足りなくなって再び図書館へ。
さらに借りてきました。 時間もないのにそんな時に限って本を読みたくなります。
b0082747_1612247.jpg

ここには写っていませんが網野善彦氏「『忘れられた日本』を読む」を読むと
「忘れられた日本人」の理解がさらに深まるように思います。
そして佐野真一氏の「旅する巨人」。
(佐野氏のお父様は前回の記事、三好市からほど近い、
といっても平家伝説の残る山村で時間はかかりますが、祖谷(いや)の出身です。)
宮本常一氏と、彼を援助し続けた渋沢敬三氏のことが書かれていますが
2人と対照的な関係にO先生のお名前が頻繁に出てきます。

O先生の講義を学生時代に受けていました。
3,11があってたくさんの本を処分しましたが
講義内容がおもしろかったことが忘れられなくて捨てることができませんでした。
学問は研究内容によっては国策と結びついてしまうのは悲しいことです。
b0082747_16114058.jpg

そしてもう1冊、昭和17年出版、蒙古研究所訳「匈奴研究史」。
「少数民族に興味があるなら読んでご覧、あげるから。」と恩師から頂いたものです。
「旅する巨人」の中に一度だけ出てきた「蒙古研究所」です。
当時の大陸政策と関連して戦時中にもかかわらず出版できたと思われます。
宮本氏から始まって、学生時代の思い出までにつながるとは思いもしませんでした。
密度の濃い1週間だったなぁ・・・。

  ←拍手ボタンです。
         ご覧頂きありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。
         また感想など一言どうぞ

by withadog | 2013-06-05 16:20 | あれこれ


風景印にはまっている、犬好きの管理人です。


by withadog

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

ラテンなおばさん
diaryⅡ
番犬ハナとMIX犬サクの...
山歩風景
H@PPY FROG
こぐま切手部
ワクワクしながら
tennen-letter
わたしの毎日。

メモ帳

外部リンク

カテゴリ

全体
ことはじめ
風景印
切手
お知らせ
ぶらり旅マップ
北海道
山形県
新潟県
栃木県
茨城県
埼玉県
東京都
神奈川県
山梨県
静岡県
石川県
福井県
岐阜県
滋賀県
三重県
和歌山県
奈良県
京都府
大阪府
兵庫県
徳島県
香川県
愛媛県
鳥取県
島根県
山口県
福岡県
長崎県
大分県
熊本県
沖縄県
お手紙
あれこれ
特別記念押印
小型印
お土産シリーズ
eセンスカード
千葉県
長野県
ご当地フォルムカード
広島県
岩手県
秋田県
岡山県
福島県
愛知県
着信御礼
高知県
宮崎県
丸型ポスト
旅の余韻
愛知県
絵入りハト印
絵入りハト印について
群馬県
特印について
特印
オリジナルポストカード
富山県
青森県
初日カバー
宮城県
佐賀県
千葉県
ポスト型はがき
鹿児島県
郷土玩具
日本狼
香港

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 08月
more...

ライフログ

検索

タグ

(12)
(6)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション
旅行・お出かけ

画像一覧